2016年11月28日月曜日

ウイルソン シランガードを使ってみた

以前爆白oneを使って積年の車の汚れをすっきり落とした後、クリスタルプロセスのSi-700を使ってポリマーコーティングをしました。

これがその時の写真です。




しっとりと濡れたガラスのようなツヤでとても気に入ったんですが、雨が降るとすぐに落ちてきて
水垢と融合して雨垂れの汚れが目立つことがわかりました。
それも前回乗せたのがこれです。


そして2か月経ち、雨が何度も降りました。
雨垂れの汚れはさらにひどくなり、こんな具合に。

白い車なので汚れが目立つのもありますが、何年洗っていないのかという感じになっています。

2か月なんですけどね。
台風がたくさん来て雨が多かったのでそのたびに汚れがひどくなっていきました。

Si-700は洗車が毎週できる人向けですね。

自分には厳しいので今回はウィルソンのシランガードを試してみることにしました。

今回は中・大型車用を買いました。これがのちに失敗だとわかります。


とりあえず届いたのがこれ。


内容物はこんな感じ。
拭き上げ用のタオル、手袋、塗り広げ用スポンジ、シランガード本体、説明書。

んで説明書を読んでみると愕然、開栓したら保存できないんですって。

それなら小型車用にすればよかったです(T_T;

実際、小型車用でもシビッククラスでは十分な量があります。



気を取り直して、洗車します(T_T)

今回はがっつりポリッシャーで磨いてから施工しました。
それはまた別途エントリを書こうと思います。

爆白oneで洗ってきれいにして、ポリッシャーかけて、シランガードを施工したら夕方になってしまったので別の日に再度写真を撮ったのがこれです。


Si-700とはまた違ったツヤです。

ポリッシャーで磨いたのが大きいでしょうが輝いています。

色がホワイトなのもあるのですが輝きはそこまではありません。
写真だと輝いて見えますが実際にはそこまで・・・という程ではないという感じです。

ツヤの感じについてですが、
Si-700は濡れたガラス、しっとりとした落ち着きのある輝きだったんですが、



シランガードのしかし、このツヤ、なんですかね、


ニスっぽいんですよね・・・


好きな人は好きなんでしょうが個人的にはいまいち好きな輝きじゃないんです。

それでももともとこの車は

こびりついた積年の汚れ、

新車の輝きはすでに失われ、

くすんだ塗装状態

から爆白Oneで洗車して汚れを落とし、

素人施工ながら初めてのポリッシャーで磨き、

シランガードをかけてこの輝き。

満足のひとことです(^^)



さて、Si-700は雨が降るとすぐに落ちてきて水垢汚れがひどくなっていましたが、このシランガードはどうか。

施工から2回ほど雨が降った状況です。
Si-700なら確実に水垢汚れが付着していた状況です。

結果はこんな感じ。

輝きはまだ十分にあります。


水垢汚れは若干ありますがSi-700より全然少ない。



全然少ない

さらに1か月経過し、5,6回は雨降ったんじゃないでしょうか。
やはり水垢汚れはあまり目立ちません。

シランガードの撥水効果の状況はどうでしょうか。
施工後1か月で5,6回は雨降った状況です。

ウイング。撥水してます。

 後輪付近。撥水してます。水玉はかなり小さいですね。
ボンネット。撥水してます。まったく効果は落ちていません。


前輪付近。撥水してます。効果は落ちていません。



水垢汚れも付きにくいですし、撥水効果も1か月経過しても落ちる気配はありません。
シランガード、なかなかいいんじゃない!?

撥水の感じですが水玉の感じは小さい水玉がボディに付着する感じで水捌けが良いという感じではないですね。
スパーっと水が切れてくれるといいんですが、水玉がボディに残ります。
ただそのまま乾燥しても多少ホコリはつくんですが目立つような水垢にはならないようです。

しばらくはシランガードでいきたいと思います。

さて、今回購入したシランガード、中・大型車用(T_T)

保存できないと説明書に書いてありますがまだ4分の3残ってるんです。

つまり4分の1で施工できました。結構値段しますのでシェアして使ってみてはいかがでしょうか。

私はできるだけ開栓時間を短くなるように別容器に移して施工したので
保存してみます。

保存の結果はまたそのうちレポートします。

シランガード小型車用


シランガード中・大型車用


0 件のコメント:

コメントを投稿