2011年12月28日水曜日

データ通信切断とAPNオフ

ecoNetBatteryはスリープ時に通信を遮断しますが、やっていることは端末の設定変更です。
設定が変更されたままアンインストールしても設定が戻るわけではありません。
確実なのはデータ通信が復帰した状態でアンインストールすることです。
もし通信出来なくなってしまったら以下のの設定を確認してください。
ecoNetBatteryが行う遮断方法は2種類あります。データ通信切断とAPNオフです。
データ通信切断/復帰は
設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク>データ通信
のオフ/オンです。
端末によって設定メニューの構成が違うので適当に読み替えてください。
Android2.2以下の端末はちょっと違って見えない設定ですが再起動で復活するはずです。
APNオフは
モバイルネットワーク>アクセスポイント名のアクセスポイントを変更してアクセスポイントに繋がらなくしています。
端末によってはAPNタイプがさわれなかったりしますのでこれを戻すには
APN一覧の画面でメニューキーを押してAPNを初期化してご利用のAPN(SPモード等)を選択してください。
b-mobileやMIFI等をご利用の場合は新規で作って頂ければ良いとおもいます。
データ通信を行う為には
データ通信がオンで
APN設定が正しい
ことが必要です。
ecoNetBatteryの設定画面では
データ通信状態とAPN状態のチェックボックスがこれに相当します。
スリープ時にどちらを遮断のために利用するのかが
スリープ時遮断方法
です。
初期設定ではデータ通信切断になっており、
特に問題がなければAPNオフに変更する必要はありません。
だからAPNオフは間違って触らないようにグレー表示にしています。
APNオフは端末によっては強制的に元に戻されてしまったりする事例が報告されていますので基本的にはデータ通信切断を使ってください。